跳到主要內容區

呂昱姮

呂昱姮姓  名:呂昱姮
職  稱:助理教授
校內分機:02-2462-2192 ext.5051
電子郵件:yhlu@mail.ntou.edu.tw
最高學歷:東京大學
研究領域:漁業經營、行銷、漁業管理、漁業政策
實 驗 室 :漁學館410

著  作   Refereed Papers │ Conference Papers │ Other Publications

 


Refereed Papers

 

  1. 耕野 拓一*、 昱姮、小林 奨、桟敷 孝浩 (2020)。外国人労働者の地方都市定着に向けた就業要因-ベトナムにおけるアンケート調査より。開発学研究, 31(2)。(in press)
  2. Yu-Heng Lu*, Takahiro Sajiki (2020). An analysis of consumer evaluations of the “Tagonoura Shirasu” certification under the Japan Geographical Indication Protection System. Journal of Marine Science and Technology. (in press)
  3. Takahiro Sajiki*, Yu-Heng Lu (2020). Economic Conditions for New Entrants in Coastal Fishing in Miyazaki Prefecture, Japan. Journal of Marine Science and Technology. (in press)
  4. Tsutomu Tokeshi*, Takahiro Sajiki, Yu-Heng Lu (2020). Willingness to pay for fishers on Miyazaki prefectural enterprise of oceanic condition information. Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography, 84, 137-141.
  5. Yu-Heng Lu*, Takahiro Sajiki, Nobuyuki Yagi (2020). Factors affecting fisherman satisfaction with fishermen’s self-governance organizations: a case study of the Taiwan Donggan Sakuraebi (Sergia lucens) Production and Management Group. Marine Policy, Vol.115, 1-10.
  6. Takahiro Sajiki*, Masahiro Sumimoto, Tsutomu Tokeshi, Yu-Heng Lu (2020). Effects of the Fishery Industry’s Use of Oceanic Condition Information on the Regional Economy: Medium-Scale Purse-Seine Fishery in Japan’s Miyazaki Prefecture. Journal of the Fisheries Society of Taiwan, 47(1), 1-7.
  7. Takahiro Sajiki*, Yu-Heng Lu (2019). Consumer’s Willingness to Pay for Products Registered with Japan’s Geographical Indication Protection System: The Case of the Miyagi Salmon. Journal of the Fisheries Society of Taiwan, 46(3), 153-160.
  8. Yu-Heng Lu*, Takahiro Sajiki (2019). Economic conditions for improving profitability through Limited Liability Partnerships for cultivating Yellowtail (Seriola quinqueradiata) in Japan. Journal of the Fisheries Society of Taiwan, 46(3), 143-152.
  9. Takahiro Sajiki*, Yu-Heng Lu (2019). Consumer evaluation of Japanese Miyagi Prefecture farmed oysters after the introduction of a traceability system. Journal of the Fisheries Society of Taiwan, 46(3), 135-142.
  10. Takahiro Sajiki*, Yu-Heng Lu and Hideyuki Takahashi (2019). Economic evaluations of introducing the direct sales of oysters Crassostrea gigas with shells in Miyagi Prefecture. Aquacluture  Science, 67(1), 85-90.
  11. 桟敷 孝浩*、 昱姮 (2019)。GI保護制度に登録された水産物に対する購入意欲の高い消費者の特徴。令和元年度中央水産研究所主要研究成果集 研究のうごき 第17号。国立研究開発法人水産研究·教育機構中央水産研究所, 4。
  12. Yu-Heng Lu*, Nobuyuki Yagi, Robert Blasiak (2017). Factors contributing to effective management in the Sakuraebi (Sergia lucens) fishery of Donggang, Taiwan. Marine Policy, Vol.86, 72-81.
  13. 神山 龍太郎*、桟敷 孝浩、呂 昱姮、住本 雅洋(2017) 。HACCPおよびGAPに基づく食品の安全性を確保する認証制度の実施状況。平成28年度中央水産研究所主要研究成果集 研究のうごき 第15号。国立研究開発法人水産研究・教育機構中央水産研究所, 4.

Conference Papers

  1. 呂 昱姮*, 桟敷 孝浩 2019年3月:AELの認証を取得した養殖ブリに対する消費者評価, 2019年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.
  2. 桟敷 孝浩*、 昱姮 2019年3月:ベスト·ワースト·スケーリングによる消費者の鮮魚購入時における重視点の評価。 2019年度日本水産学会春季大会。東京海洋大学,東京,日本。
  3. 呂 昱姮*, 桟敷 孝浩, 八木 信行, 王 志民, 鄧 宇哲. 漁民對東港櫻花蝦產銷班滿意度高之因素分析. 臺灣水產學會108年度學術論文發表會暨會員大會. 臺北, 臺灣, 1月, 2019.
  4. 呂 昱姮*, 桟敷 孝浩.對登錄日本地理標誌保護制度魩仔魚之消費者評價.臺灣水產學會108年度學術論文發表會暨會員大會. 臺北, 臺灣, 1月, 2019.
  5. Yu-Heng Lu* and Takahiro Sajiki. Economic Evaluation of the operation in Yellowtail (Seriola quinqueradiata) cultured with established stable relationships with local food-processing firms in Japan. 臺灣水產學會108年度學術論文發表會暨會員大會. 臺北, 臺灣, 1月, 2019.
  6. Takahiro Sajiki* and Yu-Heng Lu. Consumer evaluation of Japanese Miyagi Prefecture farmed oysters after introduction of a traceability system. 臺灣水產學會108年度學術論文發表會暨會員大會. 臺北, 臺灣, 1月, 2019.
  7. Yu-Heng Lu*, Takahiro Sajiki, Ryutaro Kamiyama, Yukio Tasaka. Net present value analysis of yellowtail culture in Japan to build business relationships with local food-processing firms. WAS (World Aquaculture Society) Asian – Pacific Aquaculture 2018, Taipei, Taiwan, April 2018.
  8. Ryutaro Kamiyama*, Takahiro Sajiki, Hideyuki Takahashi and Yu-Heng Lu. Evaluation of raw shelled oysters by Japanese consumers. WAS (World Aquaculture Society) Asian – Pacific Aquaculture 2018, Taipei, Taiwan, April 2018.
  9. 桟敷 孝浩*・神山 龍太郎・呂 昱姮・田坂 行男 2018年3月:ブリ養殖における地場加工会社との取引関係構築に関する経営分析, 2018年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯: 建構與當地加工廠之交易關係之經營分析-以鰤魚養殖為例)
  10. 呂 昱姮*・桟敷 孝浩・神山 龍太郎・田坂 行男 2018年3月:ブリ養殖における中間魚導入と地場加工会社向け出荷のNPV分析, 2018年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯:導入稚魚及以當地加工廠為主之交易的NPV分析-鰤魚養殖為例)
  11. 呂 昱姮*・神山 龍太郎・桟敷 孝浩・田坂 行男 2018年3月:ブリ養殖におけるLLP導入の経営改善効果, 2018年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区. (中譯: 探討養殖鰤魚導入有限責任合夥(Limited Liability Partnership, LLP)之經營改善效果)
  12. 神山 龍太郎*・呂 昱姮・桟敷 孝浩・田坂 行男 2018年3月:LLPと量販店との取引関係構築がブリ養殖経営に及ぼす効果, 2018年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯: 導入有限責任合夥(Limited Liability Partnership, LLP)及建構與量販店之交易關係以達到改善鰤魚養殖經營的效果)
  13. 神山 龍太郎*・呂 昱姮・桟敷 孝浩・田坂 行男 2018年3月:ブリ養殖経営における地場産品を活用したフルーツフィッシュ生産の定着条件, 2018年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯: 活用當地盛產物品以生產水果魚之經營條件-以經營鰤魚養殖為例)
  14. 桟敷 孝浩*・神山 龍太郎・呂 昱姮 2018年3月:地理的表示保護制度に登録されたみやぎサーモンに対する消費者評価, 2018年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯: 登錄產品地理標誌(Geographical Indications, GI)之宮城縣鮭魚之消費者評價)
  15. 呂 昱姮*・神山 龍太郎・桟敷 孝浩・田坂 行男 2017年3月:ブリ養殖経営における共同体制およびブリ出荷先との取引関係, 2017年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯:共同體制及與鰤魚盤商之交易關係-以經營鰤魚養殖為例)
  16. 呂 昱姮*・桟敷 孝浩・住本 雅洋・神山 龍太郎・髙橋 秀行 2017年11月:HACCP認証を表示したむき身カキに対する消費者評価, 2017 年度日本水産増殖学会第 16 回大会, 南予地方局, 愛媛県.(中譯:已剝殼牡蠣之商品包裝附有HACCP認證標章之消費者評價)
  17. 桟敷 孝浩*・住本 雅洋・神山 龍太郎・呂 昱姮・田坂 行男 2017年3月:安全性確保を目的としたGAP認証の養殖ブリに対する消費者評価, 2017年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯: 取得以確保安全性為目的之GAP認證標章之養殖鰤魚(Seriola quinqueradiata)的消費者評價)
  18. 神山 龍太郎*・住本 雅洋・呂 昱姮・桟敷 孝浩・田坂 行男 2017年3月:食品の安全・安心を目的としたHACCP及びGAPに基づく認証制度の実施状況, 2017年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区.(中譯: 以食品安全安心為目的之HACCP以及GAP之認證標章制度的實施狀況)
  19. 桟敷 孝浩*・神山 龍太郎・髙橋 秀行・呂 昱姮 2017年11月:カキ養殖経営における殻付きカキの直接販売導入による経済性評価-宮城県石巻市長面浦を事例として-, 2017 年度日本水産増殖学会第 16 回大会, 南予地方局, 愛媛県.(中譯:經營牡蠣養殖導入帶殼牡蠣的直銷之經濟評估-以宮城縣石卷市長面浦為例)
  20. 神山 龍太郎*・桟敷 孝浩・髙橋 秀行・呂 昱姮 2017年11月:カキ養殖経営における殻付きカキ生産のための設備投資に関する経営分析, 2017 年度日本水産増殖学会第 16 回大会, 南予地方局, 愛媛県.(中譯:經營牡蠣養殖時投資為生產帶殼牡蠣之設備的經營分析)
  21. 呂 昱姮*・黒倉 壽・八木 信行 2016年3月:漁業者による漁業資源管理組織の機能に関する研究-台湾東港におけるサクラエビ漁業を事例に, 2016年度日本水産学会春季大会, 東京海洋大学, 東京都港区. (中譯: 探討以漁民為主之漁業資源管理組織裡重要功能之相關研究-以台灣東港櫻花蝦漁業為  例)
  22. Yu-Heng Lu*, Nobuyuki Yagi. The role of fishery cooperative associations on fishery management and the conservation of fishery resources: A case study of Sakuraebi (Sergia lucens) in Taiwan and Japan. PICES (The North Pacific Marine Science Organization) 2015 Annual Meeting: Change and Sustainability of the North Pacific, Qingdao, China, October 2015.

Other Publications

  1. 呂 昱姮(2019)。改善水產業經營 日本有限責任合夥制度。漁業推廣月刊,No. 399, 36–39。
  2. 桟敷 孝浩・呂 昱姮(2019):養殖業における新たな取り組みの経済性評価第3回殻付きカキの直接販売導入で採算のとれる販売量の試算,アクアネット, 第22巻第1号, 52-55.(中譯:養殖業新對策之經濟性評估第3回 試算導入直銷後帶殼牡蠣的生產量與販賣量之關係)
  3. 桟敷 孝浩・神山 龍太郎・呂 昱姮(2019):ブリ類養殖における経営改善方策の抽出および定着条件の検討-平成30年度報告書-(交付金一般研究, 内部資料),国立研究開発法人水産研究・教育機構中央水産研究所経営経済研究センター水産振興グループ, 1-105.(中譯: 鰤魚類養殖之改善經營策略及狀況之探討-2018年年度計畫報告書)
  4. 桟敷 孝浩・呂 昱姮(2018):養殖業における新たな取り組みの経済性評価第1回NPV法による投資の経済性評価-カンパチ国産人工種苗の完全EP餌育をモデルとして-, アクアネット, 第21巻第5号, 44-47.(中譯:養殖業新對策之經濟性評估第1回基於NPV法之投資的經濟性評估-以國產人工種苗紅甘鰺(Seriola dumerili)的完全EP(Extruded Pellet)餌料飼育為例)
  5. 呂 昱姮・桟敷 孝浩(2018):養殖業における新たな取り組みの経済性評価第2回ブリ養殖における地場加工会社との取引関係構築, アクアネット, 第21巻第7号, 54-57.(中譯:養殖業新對策之經濟性評估第2回 鰤魚養殖業建構與當地加工廠之交易關係)
  6. 桟敷 孝浩・神山 龍太郎・呂 昱姮・田坂 行男・髙野 珠美(2018):ブリ類養殖における経営改善方策の抽出および定着条件の検討-平成29年度報告書-(交付金一般研究, 内部資料), 国立研究開発法人水産研究・教育機構中央水産研究所経営経済研究センター水産振興グループ, 1-115.(中譯: 鰤魚類養殖之改善經營策略及狀況之探討-2017年年度計畫報告書)
  7. 桟敷 孝浩・神山 龍太郎・呂 昱姮・田坂 行男・髙野 珠美(2017):ブリ類養殖における経営改善方策の抽出および定着条件の検討-平成28年度報告書-(交付金一般研究, 内部資料), 国立研究開発法人水産研究・教育機構中央水産研究所経営経済研究センター需給・経営グループ, 1-133.(中譯: 鰤魚類養殖之改善經營策略及狀況之探討-2016年年度計畫報告書)
  8. 歐 慶賢・蔡 富山・林 淑貞・呂 昱姮(2009):全球漁業管理趨勢分析及我國漁業政策因應調整之研究.農業委員會漁業署98年度科技計畫研究報告, 1-123.
瀏覽數:
加到我的最愛